まんぷく 第1週

まんぷくの第1週が始まりました

まずはあらすじ

『月』1938年大阪。高等女学校を卒業した今井家3姉妹の末っ子・福子(安藤サクラ)は
就職先の「大阪東洋ホテル」で電話交換手として働き始める。

『火』長女・咲(内田有紀)と真一(大谷亮平)の結婚が間近に迫ったある日。
腹痛を訴える母・鈴(松坂慶子)に振り回される福子は、仕事で失敗してしまう。

『水』咲、次女・克子(松下奈緒)、福子は、おなかが痛いと仮病を使った鈴からその理由を聞き困惑する。
一方、萬平(長谷川博己)の元に、加地谷(片岡愛之助)と名乗る男性がやって来る。

『木』咲の結婚式のお祝いを考えていた福子は、写真を壁に投影する新型の幻灯機の噂を聞き、工房を訪問。
開発者の萬平と出会う。

『金』咲の結婚から3年、福子は電話交換手からフロント係に異動していた。
ある日、福子が商工会の宴会を手伝っていると、その宴会中、立派になった萬平に声を掛けられる。

『土』福子は街中で偶然、萬平と再会し、屋台のラーメンを一緒に食べることに。
福子の仕事について話をするうちに意外な事実が発覚する。

さて、見逃したという方には見逃し配信もあります

お試し期間は無料ですから、

配信が終わらないうちに見ておきたいものです。

まんぷく 第1週 見逃しはこちら